Copyright © 2017 ミナモトビジョン All rights Reserved.

ブランディングムービー

企業PR動画

価値観が多様化している現代では、良いものをつくれば売れるという時代はなくなりました

商品のコンセプトや企業の理念などを社内外に発信し企業価値や商品価値を高めて競合他社との差別化をすることが重要な時代のようです

企業ブランドイメージを形成し訴求する有効な手段としてブランディングムービーという形で導入する企業が増えています

動画は視覚と聴覚という2つの感覚に訴えかけるため文章や写真よりも訴求力が高く広告効果が抜群で、文章や写真だけでは伝えきれない情報を短時間で多くの情報を伝える事ができます

 

出演者のイメージに依存する一般的なテレビCMと違い、ストーリー性のある映像を活用して共感してもらい企業や商品のイメージアップを狙うブランディングムービーは広告宣伝費が潤沢でない中小企業でも少ない予算でPR効果の髙い動画の制作が可能になります


動画広告先進国であるアメリカでは中小企業の85パーセントが動画広告に積極的という調査結果もあるほどで動画広告に対する中小企業の注目度は圧倒的です

動画によるプロモーションはダイレクトに伝えたい情報を伝える事ができるので文章や画像だけのプロモーションに比較して、より宣伝効果が期待できます

また、動画のプロモーションは情報伝達以外に拡散力が魅力です

インターネットのインフラの発達により通信速度が増大してバーチャルな世界での拡散が可能になりました

動画によるPRが広く利用され中小企業でもブランディングやサービス紹介のために動画制作を検討する方が増えています


元々は販促を目的として広まったブランディンムービーですが、今では優秀な人材を確保するためのツールとして重要な役割を持ってきております

特に中小企業では人材戦略は死活問題で売上規模や業務の内容だけでなく、

企業の理念やミッション 企業の風土や雰囲気

そこで働く人たちの活力ある表情などを動画を通じて発信して人材確保に乗り出す中小企業も出てきています


近年、中小企業庁では各地の商工会議所や商工会を窓口にして全国の小規模事業者を対象にした「小規模事業者持続化補助金」というものを提供しております

企業ブランド向上のために国をあげてバックアップしていますので補助金の活用も受けることができます
国の補助金等も利用して企業のプランドイメージをアップして、企業のファンを増やし、業績アップのツールとしてブランディング動画を制作してみては如何でしょうか

また、企業の人材確保が社会問題になっている現代

優秀な人材を確保するためにもブランディング動画をご活用ください